nekoyama.xyz

Team Spaceship's world wide web

オーストラリアの英語が聴き取れない!オーストラリア英語7つの発音の法則を知る

アメリカ英語から入った筆者なのですが、オーストラリア英語が、なかなか聴き取れません。練習じゃ〜!ということで、早速参ります。

結論から言いますと以下になります。

 

ーオーストラリア英語7つの発音の法則ー

1.-er-re-or-ar-a-ure-ourは短く[a]!rは舌丸めない。

2. -ingの発音は[ən] ウン!

3.Tは発音しない

4.母音と母音を繋げる"linking R"なるものが突然出現

5.Have to/Has toがハヴダ/ハズダになる

6.そもそもオーストラリア英語独特の母音がある

7.ふんだんにある、独特な語彙

 

以下一つ一つ音声を聞きながら練習していきましょう。

 

オーストラリア英語発音の法則

www.youtube.com

1.-er-re-or-ar-a-ure-ourは短く[a]!rは舌丸めない。

WATER、ACTOR、POLAR、TREASURE、FAVOUR、AREA、CENTRE

トレジャ!「あっ!思い出した!」の「あっ」に近い感じがします。かなりオーストラリアっぽい音ですねー。

 

www.youtube.com

 2. -ingは[ən] ウン!

TakingがTakenに聞こえるよぉ〜、慣れるしかねぇ!

 

 

www.youtube.com

 3.語中と語尾のTは発音しない

apointmentはアポイメン! Printerはプリー!プリナーってなんやねん。などと思わずに、慣れろ慣れるんだ。

 

 

www.youtube.com

4.母音と母音を繋げる"linking R"が突然の出現

なんだこのRは!混乱を招くではないか!お父さん落ち着いて!

rリンキング(アールリンキング、英語: r-linking)とは、イギリス英語において、-r または -re で終わる単語に母音で始まる単語が続いたとき、/r/の音が挿入されること。

Linking and intrusive Rの意味・使い方 - 英和辞典 Weblio辞書

 

 

www.youtube.com

5.wants toはウォンスタ、Have toはハヴダ、Has toがハズダになる

has toがハズダ。これも知らないとようわかりまへん。

 

6.むしろそもそもオーストラリア英語の母音を練習するといいのかもしれない

www.youtube.com

「ん?bored?boardじゃなくて?」「Folkじゃなくて、Fork?」と、アメリカ英語に慣れてる人間の左脳は大混乱。そんなキミは、発音練習だ!GO!

 

7.ふんだんにある、独特な語彙に慣れるべし

なんだこの量の地域語は!と思った道民の方は、これを見て気持ちを落ち着けてください。(道民だけかよ):北海道弁

www.youtube.com

ーPart.2 ー

中村君がナカムー、山本君がモッティーってだいたい呼ばれる、みたいな感じですかね。

www.youtube.com

 

最後にもう一度まとめます。

 

オーストラリア英語7つの発音の法則〜慣れに勝るものはない。〜

1.-er-re-or-ar-a-ure-ourは短く[a]!rは舌丸めない。

2. -ingは[ən] ウン!

3.Tは発音しない

4.母音と母音を繋げる"linking R"が突然出現

5.Have to/Has toがハヴダ/ハズダになる

6.そもそもオーストラリア英語独特の母音がある

7.ふんだんにある、独特な語彙

 

頑張ろう太平洋。

 ※この他にもオーストラリア英語発音の法則はあると思うんですが、気づいたら足します。

 

025 地球の歩き方 aruco オーストラリア 2016~2017 (地球の歩き方aruco)

[お知らせ]  LINEスタンプたくさん描いてるよ!見て行ってね!

https://store.line.me/stickershop/product/1414042/ja

 

[スポンサードリンク]