nekoyama.xyz

Team Spaceship's world wide web

台湾で温泉に入ってみた(台北•行儀路の櫻崗溫泉)Taipei hot spring "sakuraoka"

初台湾。毎日ジムでヨガやってお風呂浸かるのが幸せの猫山ですが、台北で温泉に入ってみました。

f:id:oxoxoxoxoxox:20171001235455j:image

MRTの淡水線シーパイ駅から「行儀路温泉」という紙を見せ、うねうね山道を登るバスに乗ること13分。(途中に素敵な道教の寺院があった)

f:id:oxoxoxoxoxox:20171012194919j:plain

「行儀路2」で運転手さんにここが温泉だから降りや〜と言われ、本当は「行儀路3」というバス停で降りたかったけど、言われるがまま降りてみた。坂を登ると1分。櫻崗温泉(さくらおか温泉)が現れた。ドジャ〜ン。

f:id:oxoxoxoxoxox:20171001235302j:image

ピカー。基本的にネオンがきらびやかな台湾。

f:id:oxoxoxoxoxox:20171001235429j:image

VIP按摩池... ジャグジー風呂のことか。f:id:oxoxoxoxoxox:20171001235650j:image

眼下には櫻崗溫泉会館と書いてある建物が。なんだかよくわからないけどとりあえず坂を登る方に近い方に行ってみよう。

f:id:oxoxoxoxoxox:20171012194754j:plain

f:id:oxoxoxoxoxox:20171012194853j:plain

受付にて。なんだかよくわかってないまま風呂があると聞いてとりあえずやって来た的ガイジン感まる出しの猫山。なんとなく察した受付のお兄さんが英語と日本語が書いてある料金表を見せてくれました。一人200元と書いてありました。「wearing swimsuits?(水着着るんですか?)」と店員さんに質問。店員お兄さん「no no,(何も着ない的ジェスチャー)」はーなるほど。「では入ります。タオルのレンタルありますか?」と英語で聞いたら、これを2枚くれました。30元。使い捨て布巾。なるほど。

f:id:oxoxoxoxoxox:20171012195152j:plain

じゃ、そちらですと丁寧にお兄さん。どうも。

 

「女湯」ののれんのかけられているカーテンを通ったらそこはすでに狭い脱衣室。

5人もいると窮屈なくらいの広さ。4桁のダイヤル式コインロッカーが30個。紙コップミネラルウォーターサーバーとヘアドライヤーが置いてある。脱衣室のすぐ隣に個室トイレが一台。トイレにスリッパなし。脱衣所に足拭きマット等なし。床は黒い石材。濡れた足でもまぁOKくらいの感覚か。

 

浴室に大きめの風呂3つ。一つは打たせ湯のある42度、もう一つは40度と表示が。そしてもう一つは、水風呂。広めのサウナが一つ。壁は赤く、浮世絵の美人画が壁に大きく描かれている。東京の大江戸温泉みたい。泉質はやや白濁、硫黄の匂い結構します。お肌すべすべになりました。

 

洗い場は3つのみ。一つシャワーヘッドが取れていて、水撒きホース状態。ちゃんと熱いお湯出ます。

 

お客さんは平日19時半くらいで私以外に60-70代くらいの方とその孫で3人くらい。

 

これで200元なら、もう少し安くてもいいと思ったけど、行儀路温泉、また行ってみようと思います。

 

櫻崗溫泉HP

http://www.sakuraoka.com.tw/japanese/ja_index.html

store.line.me