nekoyama.xyz

memorandum

「お客様、列に並んでください。」を英語で言ってみよう。(日本語字幕付き)

なかなか島国日本にいると出会わない、人間の野生的な部分があちらこちらで遺憾無く跋扈するパンキッシュな町、ソウル。

 

地下鉄で、席が空いたのでさぁ座ろうと思った席に、どこからともなく走ってきたじいさんに一瞬の差で座られる。ポカーン。

可愛い店内で、ニコリともしない雑貨屋の女性店員。

服屋の店内でキムチ食べてる女性店員。

歩行者用道路の真ん中で、唾吐くオバはん。

割と混んでる電車内で濡れた傘をバサバサやってるオヤジ。

並んでても順番を無視するオバさん。

 

韓国の底力に圧倒されていた。

 

陸続きの土地で、中国、モンゴル、ロシアと、敵とも味方ともつかない輩が往来するためか、丁々発止でやってきた歴史故のこの「コリアパワー」か。

 

自分がいかに、気づかないうちに徳川幕府が築き上げた日本のサラリーマン島社会システムに安穏としているかをソウルにて再認識。

 

前置きが長くなった。

 

列に並ぶという文化圏で育っていない海外からの観光客に「お客様!列にお並びいただけますか?」と日本語で一生懸命言ってみるも、全然伝わっていないレジ担当者を全国で多数目撃中の猫山です。

 

中国、韓国など多くのアジアの国では、列に並ぶ、並ばないと周りから注意される、という文化がそもそもないことが多いみたいです。

レジのみんな、このフレーズをとりあえず音で覚えて言ってみるんだ!

 

以下全て訳:「お客様!列にお並びいただけますか?」

 

女性客へ:

Ma'am, Could you get in line, please? 

まーむ、くじゅ ゲッティンライン プリーズ?

 

男性客へ:

Sir, Could you get in line, please? 

さー、くじゅ ゲッティンライン プリーズ?

 

中国語:

対不起、请 队!

トゥイブチー、チン ニー パイ ドゥイ!

 

韓国語:

ちょぎよ、チュルそせよ!

 

というわけで、観光客がよく来るレジ担当のみなさん、接客英語頑張ってください。

こんにゃんでい~ぶんか (ワイドKC 生活実用第二出版)