nekoyama.xyz

memorandum

どんな時aを使うか?まとめ8つ

どんな時aを使うか?まとめ8つ

 

1.話に初めて登場するもの

I want a desk for my room.

Tom is a college Student.

 

2.1つ」を強調するとき

Rome was not built in a day.

She didnt say a word.

 

3.perの代わり

数量/期間を表す名詞の前につける

We play soccer twice a week.

I drove my car at forty miles an hour.

 

4.a certain,someの弱い意味

It is true in a sense.(ARU IMI SORE WA HONTOU DESUNE)

My uncle visited me on  a day in October.(10月のある日)

 

5.総称表現をするとき

(総称表現=というものは全て=any,eachの弱い意味)

以下3文、いずれも「チンパンジーは賢い動物だ。」

Chimpanzees are intelligent animal.

総称表現の場合には無冠詞複数形がベスト

 

A chimpanzee is an intelligent animal.

具体的なある1頭の猿を取り上げてそれについて説明している感じなので、それにふさわしい文脈のところでこれを使わないと不自然。

The chimpanzee is an intelligent animal.

それと、「ゴリラという生物はこうだ。一方、チンパンジーは...」などと、他の物と対比するようなときにこう言う。それ以外の文脈でこう言うと、普通「そのチンパンジー」と取るのが自然であり、総称表現にはならない。また、Theだと文体が固い

 

 

6.a 物質名詞のとき

物質名詞=気体、液体、金属、材料、粒、形を自在に変えるもの(例:air water gold paper bread)

The child threw a stone at puddle.

a stone”は「小石」、stone”だと「石材」という意味。

 

不可算名詞(数えられない名詞)の数え方

A glass of water MIZU IPPAI

Three cups of tea  OCHA SANBAI

A can of orange juice ORENJI JYU-SU HITOKAN

Two bottles of beer BI-RU NIHON

A pound of butter BATA- IPPONNDO

Two liters of water MUZU NIRITTORU

Three spoonfuls of salt SHIO SANNSAJI

A piece of advice ADOBAISU HITOTSU

A piece of Paper KAMI ICHIMAI

A piece of Chalk CHO-KU IPPON

Three slices of bread PAN SANMAI

 

 

7.  A 抽象名詞

抽象名詞=物事の性質や状態など決まった形のないものを表す名詞

(例:beauty happiness work information advice)

The telephone is a marvelous invention.

Will you do me a favor?

Aをつけることによって、invention「発明」が、an invention「発明品」に。favor「好意」a favor「親切な行い」という意味に。

 

8.a 固有名詞のとき

(1.〇〇とかいう人、2.のような人、3.〇〇家の人、4.〇〇の作品/製品)

1.A Mr.Lennon came to see you yesterday.

「レノンさんだかって人が昨日訪ねてきたよ」

2.I want to be a Paul McCartney.

「僕はポールマッカートニーみたいな人になりたい」

↑有名な人物である場合は、aをつけることで「のような人」という意味になる。

3.He is a Brown.

「彼はブラウン家の人だ。」

4.The millionaire bought a Van Gogh.

その百万長者はゴッホの作品を買った

ゴッホの(数ある作品の中の一つの)作品

 

Its a SONY”「ソニーの製品」

 

Aの位置が通常と異なる場合

1.such a 形容詞 名詞のパターン

What a , quite a, half a, も同様。

I have never seen such a big cat.

What a beautiful woman Mary is!

 

2.so 形容詞 a 名詞 のパターン

so, how, as, tooも同様。

I have never seen so big a cat!

今までこんな大きな猫を見たことがありません!

She is as great a Thereminist as ever lived!

彼女は史上最高のテルミン奏者だ!

 

3.a  AandBと、a black and 

白黒模様の猫が1匹 

I saw a black and white cat.

 

黒猫と白猫の2

I saw a black and a white cat.

 

 

Aのつく慣用表現

A great many= a great number of

A few SUKOSHI WA ARU 

few HOTONODO NAI

A little (RYOUGA) SUKOSHI NO

At a loss TOHOU NI KURETE

As a rule=generally IPPANTEKI NI

All of a sudden=suddenly TOTSUZEN

For  a while SHIBARAKU NO AIDA

Once in a while TOKIDOKI

Come to an end OWARU

 参考文献:

英語の冠詞・前置詞 完全マスターブック

英語の冠詞・前置詞 完全マスターブック

 

[お知らせ] 

LINEスタンプ書いてます!見て行ってね!Hey I made these LINE stickers ! plz check these out thnks !peace! xoxo

store.line.me

And this CD too!

猫も杓子も

猫も杓子も

 

[スポンサードリンク]