nekoyama.xyz

Team Spaceship's world wide web

映画「Maiko ふたたびの白鳥」

“ノルウェーで最も有名な日本人”と言われる、美しい日本女性がいる。ノルウェー国立バレエ団でプリンシパル(首席)ダンサーをつとめる西野麻衣子さんだ。

15歳で名門英国ロイヤル・バレエスクールへ留学。19歳でノルウェー国立バレエ団に入団し、25歳でダンサーの最高位であるプリンシパルに抜擢。私生活では、オペラハウスの芸術監督ニコライ氏と結婚。そんな西野さんの4年間を追ったドキュメンタリー映画『Maiko ふたたびの白鳥』が2月20日に公開された。

www.youtube.com

 

■男性も必ず3カ月の育児休暇を取得。「ノルウェーで母親になって、すごく幸せ」

――映画の中で、バレエ団の仲間に妊娠を告げたシーンが印象的でした。

妊娠を告げたら、仕事仲間はみんな喜んでくれました。けれど日本の友人は妊娠したとき、どうやって会社に言おうか、ものすごく悩んでいました。私が「なんで!?」と聞いたら、嫌な目で見られるから、言いにくいと。私は日本女性だけれど、ノルウェーで母親になって、すごく幸せです。

――国のサポートで特に印象的なことはなんですか?

パパ休暇(男性の育児休暇)ですね! 夫婦で合計10カ月間、有給の育児休暇をもらえます。男性はそのうちの3カ月を取ることが決められています。これは絶対で、企業の経営者でも、政治家でも、取るのが当たり前なんです。映画にも出てきますが、私がすぐ復帰を決めたので、ニコライが3カ月+5ヶ月で、計8ヶ月間の育児休暇を取って、サポートしてくれました。

「政治家も経営者も、パパ休暇が当たり前」ノルウェーの西野麻衣子さんが、出産後も国立バレエ団で活躍できる理由

 

[スポンサードリンク]

 

 [お知らせ]

ノルウェー語LINEスタンプつくりました。よろしくお願い致します。

store.line.me