nekoyama.xyz

A friend in need is a friend indeed

【茶道具5つ】茶道でお茶を点てる際、最低限必要なもの

どうも、猫山です。

前回は、茶道には主人(Host)と客(Guest)がいると申し上げましたが、

今回は主人(Host)が用意するアイテムを並べてみようと思います。

さーまいりましょう

 

茶釜(Chagama,tea kettle)

お湯をわかす釜です。昔話の「文福茶釜」の茶釜ですね。

湯気を出す茶釜をじーっと見てると、なんとなく狸に見えてくるような。

お茶も大切な作物を食べられてしまう狸も、かつて日本人の生活に密着したものだったんだなーとシティーガール(年齢的にレディだがな)猫山は感慨深いです。

 

柄杓(Hishaku,ladel)

柄杓(ひしゃく)で釜から湯を汲み、茶碗に注ぎます。

持ち方もめっちゃエレガントに持ちます。

 

水差し(Mizusashi,pitcher)

水が入ったピッチャーです。茶釜に使った分の水を戻します。

戻すときもかっこよく戻します。

 

帛紗(Fukusa,Silk cloth)

朱色の絹の正方形の布。服紗、袱紗とも表記されます。

茶道具を拭き清めるときに使います。

その所作もクールにやります。

 

茶碗(Chawan,Tea bowl)

なにはなくとも、お茶碗ですね。

歌川国芳の猫柄!ほしーー

 

棗(なつめ,Tea contenna)

抹茶を入れる容器。ハロウィン柄もあったりしてカワイイ💕。

 

茶杓(ちゃしゃく,Tea scoop)

抹茶をすくって茶碗に入れるときに使います。

 

茶筅( ちゃせん,Tea whisk)

ご存知、抹茶とお湯をシャカシャカするとき使います。

 

とりあえずこれらの基本用語は必須であります。

まーがんばってみましょうか。

猫山でした。