nekoyama.xyz

memorandum

【知識ゼロ!】茶道初心者が読むべき漫画5選

どうも。猫山です。

 

最近、何を思ったか、まかり間違って茶道をはじめました。

 

いきなり結論から言って、ものすごいおもしろいです、茶道。

 

世界に羽ばたいちゃう日本人なら、

 

やっておくと損にはならないことこの上ないかと思われます、茶道。

 

しかし敷居が高い。高いよ茶道。そんなに上から言われたら好きになれないよ!

 

 

 

 

ワーーー。

 

 

 

そんな時には漫画で入門

 

だいたいなんでも最初は漫画で覚えてきた猫山は、やはり茶道も漫画で覚える。

 

てなわけで今回も茶道漫画作戦、決行。


その1. お茶のすすめ 川口澄子著

 

お茶のすすめ: お気楽「茶道」ガイド

お茶のすすめ: お気楽「茶道」ガイド

 

 

猫がよく出てくる。ツボ。


根気よく、品よく、やさしいお茶の先生の描写がよかった。

 

あーわたぴもこんな人にになりたい⭐️

 

 

その2.チャノユ!冬川智子さん。

 

チャノユ!  お茶のお稽古、始めました。

チャノユ! お茶のお稽古、始めました。

 

猫が出てくる。(再)

 

猫と茶の湯とアラサーの私。

 

そんな私の日々を少しだけ変えてくれた茶道...

 

......。

 

(全然本の紹介になってねー。)

 

 

内容はかなり充実して、茶の湯入門者に非常におすすめの一冊です。

 

その3. まんが茶会入門

まんが茶会入門

まんが茶会入門

 

 

見よ、発行1990年。今年2017年だから、27年前の発行ですよ。

 

されど現役。世代を超えて愛され続ける。

 

(そんな作品を私もいつか残したいものだ。)

 

絵も内容もとてもわかりやすくておすすめです。

 

 その4.はじめて茶会に招かれました。

 

これは漫画じゃないけど、けっこうわらえた。

茶杓(抹茶をすくうサジ)って耳かきみたいな形のアレだよね?」「そのたとえやめて」のくだり笑いました。

そんなノリで読めます。

その5. 茶の湯入門

 

 え?!もう漫画じゃねーし。

意味わかんねーさすが猫山。

 

漫画じゃねーんですけど、漫画並みに読めましたよ。

 

猫山夢中で全部読みました。内容は学術的な面からも史実的な面からも多面的にわかりやすく説明され、超充実です。

 

さすが学研。進研ゼミ。(ライバル社かよ。)

 

番外編. へうげもの

へうげもの(1) (モーニングコミックス)

へうげもの(1) (モーニングコミックス)

 

 茶道漫画と言えばこれ。

 

しかし猫山、まだ読んだことないです。(えーーー)

 

気になってはいます。

 

抹茶っておいしいですよね。(話題をそらす)

 

もっと抹茶飲んで漫画よもう。

 

それではお仕舞いいたします、猫山でした。(やる気あります)